ALL CATEGORY

SILHOUETTE

'47オフィシャルショッピングサイト'47オフィシャルショッピングサイト

  • HOME > 
  • ABOUT '47とは

’47’S PRESENT-DAY SUCCESS COMES FROM NEVER FORGETTING ITS ROOTS.

In 1947, twin brothers and Italian immigrants, Arthur and Henry D’Angelo founded Twins Enterprises, now ’47. The D’Angelos were entrepreneurial pioneers who were quick to see the future of sports licensing by selling pennants and other sports memorabilia on the streets around Fenway Park. Through a combination of hard work, sound instincts and incredible passion, the brothers were able to grow their business from a single street cart to a premier sports lifestyle brand that uniquely melds sport and style.

By continuing with the tradition of producing a unique mix of the finest headwear and apparel and maintaining an unparalleled attention to detail, we have established ourselves as a premium global sports lifestyle brand. We are proud to be a licensed partner with the four key professional American sports leagues: MLB, NFL, NBA, NHL, as well as over 650 colleges.

As the second generation moves ’47 forward, we will never forget where it started - rooted in family values, focused on genuine relationships, and the simple belief that the future is what we create.

’47 の今日の成功は、ルーツを決して忘れないことに由来しています。

1947年、イタリア移民の双子兄弟アーサーとヘンリー・ディアンジェロが、現在の ’47 の前身となるTwins Enterprises を設立しました。ディアンジェロ兄弟は、スポーツライセンスの未来をいち早く見据えたパイオニアであり、フェンウェイパーク周辺でペナントやその他のスポーツの記念品を販売していました。大変な努力、妥当な直感、燃える情熱によって、兄弟は事業をカートからスポーツとスタイルを融合させたプレミア・スポーツ・ライフスタイル・ブランドに成長させることに成功しました。

上質なヘッドウェアやアパレル商品を製造する伝統を継承しつつ、ディテールにまで細心の注意を払うことで、プレミアム・グローバル・スポーツ・ライフスタイル・ブランドを構築してきました。現在は、アメリカの4大プロスポーツリーグ MLB, NFL, NBA, NHL に加え、650校以上の大学とパートナー提携を結んでいます。

当社の第二世代が ’47 を躍進させる一方で、私たちは初心を忘れることはありません。家族の価値にルーツを置き、本物の関係を重んじ、未来は自分たちで作りあげるというシンプルな理念を持ち続けます。

ARRIVAL

1938年、私がわずかにものを覚えた12歳の時、アメリカにやって来た。私たちはとても苦労をし、全てが大変だった。初めて使った英語は“2セント”だった。なぜなら、当時私たちが売っていた新聞の値段だったから。

アーサー・ディアンジェロ

幼いころはよくフェンウェイパークに忍び込んで試合を学び、すべて覚えた。だから、たとえ誰かにルールを聞かれても答えることができた。

アーサー・ディアンジェロ

その直感は選挙応援のペナントから得た。ペナントは様々な用途で売られていたのに、なぜスポーツのものは無いのか?私達はペナントを10セントで作り、25セントでチームに売った。

アーサー・ディアンジェロ

EARLY
HUSTLE

若かったとき、私たちは花、新聞、アイスクリームからお土産のカートへと仕事を変えていった。私たちは常に次のことを考えていた。

アーサー・ディアンジェロ

レッドソックスがアメリカンリーグのペナントを勝ち取った翌年、父のアーサーはこれはビジネスになると確信した。

スティーブン・ディアンジェロ

1948年のシーズン終了後、ヘンリーと私は屋台を購入し、国中を巡った。私たちはトルーマン大統領のフリーダムトレインに乗り、街から街へ移動した。私達はペナントを作り、印刷し、車のトランクの全てを売りきった。ネバダに到着したとき、気温が40℃以上もあり、何も売れなかった。すぐに考えなければならなかった。人々は何を買いたいのか?それは水だった。だから、私達は消防署に行きトラック一杯に水を積み込むために100ドルを寄付した。大統領が演説を行っている場所にトラックを走らせ、1杯10セントで水を売り始めた。1マイルに及ぶ列ができた。大統領でさえ喉が渇いていた。だから、ピッチャーの水をもってトルーマンにあげたのさ。

アーサー・ディアンジェロ

TWINS

私達は銀行に9万ドル欲しいと言った。彼らは“担保は何ですか”と尋ねた。私たちは言った。“私達自身です”と。そして彼らはお金を貸してくれた。

アーサー・ディアンジェロ

1971年NFLニューイングランド・ペイトリオッツの本拠地フォックスブロにて、50人で屋台一杯のお土産商品を駐車場に持っていき、全てを売り切った。

1978年ペイトリオッツがあなた方に引き継ぎますと言ってきた。そして、スタジアム内のすべての店舗を運営し始めた。

マーク・ディアンジェロ

会社の本部をフェンウェイパーク横のYawkey通りに置き、自分たちの店舗を運営し始めた。本店は25,000平方フィート(2,322平方メートル)の大きさでお客さんと直接触れ合うことができ、お互いを知る、とても素晴らしい機会となった。今日、3世代のディアンジェロ一家がどんな時も店頭で働いています。

ボビー・ディアンジェロ

BOSTON
STRONG

ボストンという街は、地元愛に溢れ、スポーツチームの成功に期待している世界中の小さな街と似ている。スポーツは日常生活でほとんど接点のない人同士を結び付けることができるものです。だから大好きなんです。

デイビッド・ディアンジェロ

みんなアーサーを知っている。彼はレッドソックスのワールドチャンピオンリングを身に着けている。そして、皆がそれをはめて試合前に写真を撮ります。アーサーはフェンウェイパークの市長なのです。

ボビー・ディアンジェロ

THE BOYS

学校が終わったらすぐに、野球場かフットボール場に行っては1日中働いていました。父はあれをしろ、これをしろとは一度も言わなかった。ただやることを与えられていたのです。

マーク・ディアンジェロ

父はいつも“情熱を持って一生懸命働けば成功する”と教えてくれた。一生懸命働くこと、情熱、そして家族が重要であると教えてくれた。

マーク・ディアンジェロ

父はいつも私たちのどんなアイディアも実行させてくれました。それは父の人生の方針です。やりたいと思ったことは、頑張ってやりなさい。

マーク・ディアンジェロ

私達は父のビジネスすべての領域において、なくてはならないパーツでした。父は権限を私たちに与えてくれました。父は間違えることを恐れず、父自身や私達にも投資してくれました。

ボビー・ディアンジェロ

BIG
LEAGUES

私達のビジネスはリレーションシップです。今日、MLB, NFL, NBA, NHL,そして900校以上の大学と提携出来ていることを大変うれしく思います。

ボビー・ディアンジェロ

9回の裏、これはビジネスではなくゲームなんです。

マーク・ディアンジェロ

私達は世界一快適な帽子を思いつきました。しかし、名前がありません。オフィスにあった辞書や百科事典を読みあさりましたが、浮かびません。その時、父のアーサーが“フランチャイズはどうだ?”と言いました。父が話した直後に“それだ!”と全員唸りました。父が話を聞いていたとは思いませんでした。

ボビー・ディアンジェロ

'47は4大スポーツリーグすべてのヘッドウェアとアパレルのライセンスを持っていて、スポーツとスタイルを繋ぐユニークなものを常に提供することに力を入れています。

ボビー・ディアンジェロ

NEXT
PLAY

'47はスポーツ・ライフスタイル・ブランドとしてお客様に認知されています。ライフスタイルの市場において、伝統的なスポーツヘッドウェアとアパレルへの需要であり、ユニークなものを生み出している結果だと思います。私達は決してルーツを忘れませんが、ライフスタイル市場は多くの新しい扉を開いています。

スティーブン・ディアンジェロ

若い企業家にとってアーサーと関わることは非常に良いことだと思います。若者が話す言葉でアーサーも話すので、お互いを尊敬しあう関係となるのです。

スティーブン・ディアンジェロ

'47は新しい市場へカテゴリーを加え、同じ考えを持つブランドとコラボレーションをしながら拡大しています。これは素晴らしいことです。この拡大は方向転換したのではなく、絶えず革新的なことに挑戦した結果の成長であり、ブランドとして前に進んでいることを示しているのです。

スティーブン・ディアンジェロ

機会は無限にあります。最もエキサイトできる場所は今私達がいる場所なのです。

スティーブン・ディアンジェロ